備前市で瓦屋根葺き替え工事行っています。頭を使う瓦の割り付け


備前市のお客様より雨漏り修理の依頼があり、点検した結果、
瓦屋根葺き替え工事を行うことになりました。
(点検の模様はこちら
(瓦を撤去した後の防水紙、桟木の模様はこちら

前回は野地板補修、下葺き材の防水紙ルーフィング施工でした。
(その模様はこちら

今回は頭を使う瓦の割り付けです。
その模様をお伝えします。

これを間違えると大変なことになります。

年末点検したお客様の瓦は、この瓦桟の登りの割り付けを間違え
瓦が桟木に1枚も引っかかっていない状態で、瓦がズレズレでした。
備前市 瓦屋根葺き替え工事 下葺き材の状態
前お伝えした内容ですが、この現場の下葺き材の防水紙ルーフィングの状態です。

白くなり劣化が進んで破れています。
備前市 瓦屋根葺き替え工事 下葺き材の状態
淡路瓦でしたが、寒割れが進んでいました。
瓦のかけらが散乱しています。

瓦を引っ掛ける瓦桟も、水がまわりボロボロになっています。
備前市 瓦屋根葺き替え工事 瓦桟打ち
下葺き材の防水紙ルーフィングは、東和合成の東和ルーフを使っています。

このルーフィングはとても優れもので手では破れません。

ですから、屋根リフォームにはもってこいの下葺き材の防水紙ルーフィングです。

さらに優れているのが、縦残がついているので桟木の下を雨水が流れていくので、瓦を葺く前の突然の雨でも安心です。
備前市 瓦屋根葺き替え工事 瓦桟打ち
桟木は、水に強い杉の材料を使います。

このお宅の桟木は、コンパネを細く切ったものを使っていたので、雨水でボロボロになっていました。

杉の桟木ですと、コンパネみたいにボロボロになる事はありません。

くぎ打ち機で垂木めがけてうちます。
備前市 瓦屋根葺き替え工事 瓦の割り付け
桟木を取り付けた跡は、横の割り付けです。

リフォーム工事のの場合、今の屋根寸法に合わせて割り付けしますが、今使っている三州瓦のメーカーは3センチ小さい瓦と、5ミリ大きい瓦があるので割りがしやすいです。




備前市 瓦屋根葺き替え工事 瓦の割り付け
この割り付けをするとき小さい瓦、大きい瓦は値段が高いので、それを入れないように瓦を緩く葺く職人さんがいます。

瓦代は安くつくと思いますが、瓦が動きやすいのでお勧めできない施工法です。

すぐに雨が漏ることはないですが、雨水が入りやすいので下葺き材の防水紙ルーフィングの劣化が早くなります。
備前市 瓦屋根葺き替え工事 ケラバの板金取付け
破風の部分がモルタルでしたので、ケラバ瓦と破風の間に隙間が出来、見た目も見苦しいですが鳥が入り巣を作るので、板金で塞いでいきます。
備前市 瓦屋根葺き替え工事 ケラバの板金取付け
こんな感じになります。
今回は瓦桟施工、瓦割り付けの模様をお伝えしました。
次回は、地瓦の葺いている模様をお伝えいたします。



天井に雨漏りのシミがあれば
ぜひ無料診断をお勧めします

わからないことがあればお気軽にどうぞ

街の屋根やさん岡山店 0120-849-349
   (やってよくなるみごとによくなる)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

玉野市で屋根補修工事。棟瓦ズレ防止コーキング止め

玉野市で行った屋根補修工事の模様をお伝えします。瓦をコーキングで留める工事を、瓦葺き替え工事と比較される方がいらっしゃいますが、当然瓦を葺き替えして、耐震工法をすれば良くなるのは当然です。しかしながら、あと5年10年持てば良いと言われる方に...........

岡山市北区 屋根修理

岡山市北区で行った高所作業車(スカイマスター)で煙突の雨漏り修理の模様をお伝えします。建物は2階建ての切妻の陶器瓦(釉薬瓦)で急こう配のお宅でした。煙突部分から雨漏りするという事で、点検の時には煙突部分の上部は見えませんでしたが、煙突部分の...........

DSC06791_R

新見市で行った三州平板瓦施工の様子をお伝えします。陶器瓦(粘土瓦)は焼き物ですから一番長持ちする屋根材です。色の劣化はありませんし、デザインも豊富です。遮音性にも優れ、断熱効果もあり結露もしにくい屋根材です。粘土瓦は日本の気候風土に最も適し...........