確実な漏水箇所の特定のための散水検査

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

散水試験で雨漏り箇所の特定
屋根工事トラブルは雨漏りが最多
雨漏りの原因追求はお任せ
 このページをご覧頂いているみなさんももしかしたら雨漏りで悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。雨漏りに関しては当社に雨漏り診断のできるアドバイザーが多数在籍しております。
 今までの経験と日々の研鑽により雨漏りを突き止めることに長けているスタッフが細かい調査をいたします。

なぜ散水試験が必要なの?

そもそも雨水はどこから入ってくるの?

雨漏りの原因は屋根材の欠けや剥がれ
 よくある場所がやはり屋根になります。

 屋根の隙間、屋根材の割れや部品の飛散などは実際に目にすることが少ないので屋根に登らないとわからない場合があります。 
 屋根に上って瓦などが剥がれていれば比較的容易に原因のひとつは特定できますね。

屋根以外にも雨漏りの原因となる箇所はたくさんあります!

 例えば外壁の目地の劣化による染み込み、外壁のクラック、サッシ廻りや軒天の剥がれ・吹き込み、ベランダからの漏水の場合もありますし、雨漏りではなく給排水管からの水漏れの可能性も否定できません。
ひびの入った外壁
ひびの入った外壁の写真
雨漏りの原因
給排水管からの水漏れ
 そう考えると雨漏り、水漏れの原因は多岐にわたるのです。そのために当社では細かく調査をして原因を突き止めます。

雨漏り調査はどんなことするの?

1箇所の穴があったからそこを埋めて完了というわけにはいかないのが雨漏りです。
室内の雨漏り箇所
雨漏り箇所を拝見し、外部浸水の可能性がある箇所を調査致します。
屋根の点検
屋根の上にももちろん上り、確認をします。
雨漏りの原因となる外壁
付近のサッシや外壁、ベランダなどあらゆる角度から漏水箇所を見つけ出します。
雨漏りの原因となる小屋裏
確証が得られない場合は小屋裏も調査します。
雨漏りの原因は一か所とは限らないからこそ、私たちは徹底的に・細かく調査致します。
確実な漏水の特定には散水試験
散水試験をしている様子
 読んで字のごとく、水をかけて漏水箇所を特定する調査になります。 
 ただ闇雲に水をかけても漏水箇所の特定はできません。事前調査で得た情報を元に水をかける順番とかける長さなどを図って調査をしていきます。 
 ホースで水をかける場合もあればスポイトで水が染みるかの調査をするなど方法もいくつかあります。これによってより確実な漏水箇所の特定をすることで無駄な工事を省くことが出来るのです。

サーモカメラを使用した漏水箇所の特定

漏水箇所をサーモカメラで撮影した様子
 また場合によってはサーモカメラも使用して漏水箇所を特定します。サーモカメラというと物体の温度を可視化してくれるものですが、実は雨漏りや漏水にも威力を発揮するのです。

  2枚の画像をご覧ください。まずは漏水の疑いがあるところを普通のカメラで撮影した画像です。 ちょっと錆汚れが目立つ普通の外壁ですよね。これをサーモカメラで撮りますと・・・、 

 濃い紫や黒くなっているところが水が染み込んでいる部分です。
  雨水が染みてきたところ、雨水が建物を内部のどこを伝って、どこへ移動したか一目瞭然なのです。 
 散水試験とサーモカメラによる徹底した調査と街の屋根やさんの高品質の屋根工事、これで止まらない雨漏りはありません。
散水検査は有料だが損はしない内容