備前市で塗装のいらない陶器瓦に葺き替え工事/板金屋根より安価

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

備前市で行った塗装のいらない陶器瓦の葺き替え工事の
模様をご紹介いたします。

お客様より雨漏り修理の依頼があり屋根に上がり
点検いたしました。(点検の模様はこちら

点検の結果瓦の傷みが酷く葺き替えすることになりました。
(瓦桟の傷み下葺き材の傷みが行くわかる瓦撤去はこちら)

瓦葺き替え工事は板金工事より高いとよく紹介されますが、
佐藤瓦では瓦メーカーより直に大量に買うので板金屋根より
安価に工事出来ます。

前回は桟木打ちの模様をお伝えしましたが
(前回の模様はこちら
今回は2階棟の施工の模様をお伝えします。
備前市 屋根瓦葺き替え 棟工事
2階の瓦工事の完成です。
それでは完成までの工事をご紹介いたします。
備前市 屋根瓦葺き替え 棟工事
地伏せ工事が残っていたのでまず地伏せ工事からです。
備前市 屋根瓦葺き替え 棟工事
地伏せ工事が終わると、棟工事になります。
棟は赤土を使わず、南蛮漆喰の中で最高級のシルガードを使います。
備前市 屋根瓦葺き替え 棟工事
南蛮漆喰シルガードを塗った跡さらに瓦漆喰を塗って南蛮漆喰が割れるのを防ぎます。

瓦と南蛮漆喰とがはだ別れするのも防ぎます。
こちらの職人さんはもう熨斗をついています。
備前市 屋根瓦葺き替え 棟工事
銅線でのしと熨斗を縛るので熨斗が抜けておちる心配がないです。

南蛮漆喰シルガードを使いますので熨斗が抜ける心配もないですし、台風、地震にとても強くなります。
備前市 屋根瓦葺き替え 棟工事
3段目の熨斗をついています。

南蛮漆喰シルガードにはシリコンも入っていますので防水性ま良くなっています。
IMG_0511_R-1-columns2-overlay
2階の熨斗の完成です。壁際の熨斗もうまく収まっています。
備前市 屋根瓦葺き替え 棟工事
2階の完成です。
次回は1階の瓦工事の模様をお伝えいたします。


天井に雨漏りのシミがあれば
ぜひ無料診断をお勧めします

わからないことがあればお気軽にどうぞ

街の屋根やさん岡山店 0120-849-349
   (やってよくなるみごとによくなる)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岡山市東区 折半の屋根から雨漏り

岡山市東区のお客様より雨漏りするので調べて欲しいとご相談がありました。お話をお伺いすると雨漏りは以前からしているそうです。何回も雨漏り修理をしたが止まらないそうです。建物は平屋でソフトバンクの携帯ショップをされているお店でした。雨漏りしてい...........

岡山市南区 鼠色の陶器瓦

岡山市南区のお客様より築48年が経過し屋根の葺き替えを検討していると、相談の問い合わせをいただき調査にお伺いしました。年数が経っているのでそろそろ瓦を変える時期なのかなという事で、お問い合わせをいただきました。雨漏りはしていないとの事でした...........

津山市で雨漏り修理。下葺き材の防水紙ルーフィング張り替え工事

津山市のお客様より雨漏りするので止めてほしいと相談がありお伺いしました。お話をお伺いすると雨漏りはかなり以前からしていたそうです。屋根に上がり瓦の状態を見させていただくと、瓦は和型のセメント瓦で、セメントがわらに必要な塗装は完全に劣化して役...........