備前市で三州瓦の陶器瓦で屋根リフォーム工事を行っています。


備前市のお客様より雨漏り修理の依頼がありました。
屋根に上がり雨漏りの原因を調べ、屋根にの傷み具合を調べました。
(点検の模様はこちら

調査の結果、屋根瓦葺き替え工事をすることになりました。
(屋根の傷みがよくわかる瓦撤去はこちら

前回は2階の棟工事の模様をお伝えしました。
(その模様はこちら

今回は1階の桟木の打ち付け、谷板金の取り付ける工事。
捨て谷板金を取り付ける工事です。
下葺き材の防水紙は東和ルーフを使っています。
その様子をご紹介いたします。
備前市 瓦屋根葺き替え工事 1階の桟木打ち瓦割り
雨漏りしていた谷板金ですが、ガルバリウム鋼板の谷板金に取り替えです。
IMG_5200_R-columns2-overlay
下葺き材の防水紙ルーフィングは、屋根リフォームにとても相性の良い東和合成の東和ルーフを使っています。

この防水紙の優れたところは、とにかく破れません、破れないという事は、雨漏りしないという事です。

瓦も葺き替えの場合、下地板は、そのままで施工することが多いのです。

その場合、下地の弱っている所が何カ所もあります。そこで防水紙を留めるタッカーを使うと穴が開きます。

新しい下葺き材の防水紙ルーフィングに穴をあけていっていみたいなものです。

ですから佐藤瓦では破れない東和ルーフを使っています。
IMG_5213_R-columns2-overlay
桟木を打ち付けていきます。コンパネではなく、杉の軒を使います。
備前市 瓦屋根葺き替え工事 1階の桟木打ち瓦割り
捨て谷も新しく替えます。
備前市 瓦屋根葺き替え工事 1階の桟木打ち瓦割り
桟木を打ち付けた後は瓦割りをしていきます。
備前市 瓦屋根葺き替え工事 1階の桟木打ち瓦割り
綺麗に収めるためにケラバ部分に水切り板金を入れます。
次回は瓦を葺く模様をお伝えします。


天井に雨漏りのシミがあれば
ぜひ無料診断をお勧めします

わからないことがあればお気軽にどうぞ

街の屋根やさん岡山店 0120-849-349
   (やってよくなるみごとによくなる)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

倉敷市 雨漏り 火災保険

倉敷市のお客様より雨漏りしているから、屋根の状態を確認して欲しいと電話がありました。建物は、切妻で2階建てのセメント瓦の和型の屋根でした。建てられて30年は過ぎているそうです。雨漏りは、借家として貸していたので、いつから雨漏りしたのかわから...........

倉敷市 雨漏り点検 天井にシミ

倉敷市のお客様より、天井にしみが出来ているので見てほしいと調査依頼がありました。建物は、2階建の瓦屋根で建てられて35年経っているお宅でした。雨漏りしているので、火災保険の会社に相談したところ、担当の方が見に来られ、瓦が浮いていると言われた...........

岡山市東区 折半の屋根から雨漏り

岡山市東区のお客様より雨漏りするので調べて欲しいとご相談がありました。お話をお伺いすると雨漏りは以前からしているそうです。何回も雨漏り修理をしたが止まらないそうです。建物は平屋でソフトバンクの携帯ショップをされているお店でした。雨漏りしてい...........