倉敷市で屋根瓦を葺き替え工事の、点検依頼を頂きお伺いしました。

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

倉敷市のお客様より、セメント瓦屋根の葺き替え工事の、点検依頼がありました。

お伺いして雨漏りの状況とか、お客様のお考えをお聞きします。
いままでに雨漏りはしたことはが無いそうです。

近くで屋根リフォームをされた方がいらして、その業者の方が
屋根が傷んでいるので、手入れされたらどうですかと訪問してきたのが
瓦を直そうと思ったきっかけだそうです。

しかしその業者は広島の業者だったので岡山の会社を
ホームページで探され、佐藤瓦に問い合わせを頂きました。

建物は築30年で切妻の2階建てのお宅でした。

セメント瓦は定期的の塗装をしないといけないのですが、
1回もされていないそうです。

今回はセメント瓦の点検の模様をご紹介いたします。
倉敷市 瓦葺き替え点検模様
今回は雨漏りしていないという事で、屋根に上がり点検しました。

屋根に上がり点検するのは屋根診断士の資格を持った私佐藤が、点検します。
倉敷市 瓦葺き替え点検をした所苔が生えています
塗装の劣化が進み、セメント瓦の表面がざらざらした来たので、コケの胞子が瓦に付きやすい状態になっていました。
倉敷市 雨樋が詰まりかけています。
雨樋にゴミが溜まり樋が詰まりそうです。
倉敷市 漆喰が剥がれています。
漆喰が剥がれて取れています。
倉敷市 瓦にヒビが入っています。
瓦にヒビが入っています。
倉敷市 瓦が割れています。
袖瓦が割れています。
倉敷市 銅線が切れています。
棟に使っている銅線が切れています。
倉敷市 下葺き材の防水紙ルーフィングも劣化が進んでいます。
瓦をめくってみましたが下葺き材の防水紙ルーフィングが白くなっていますので、瓦の隙間から雨水が入っているみたいです。
このように写真で瓦の傷みが分る様に説明します。
築30年のセメント瓦という事ですので、瓦の葺き替えの提案をする予定です。



天井に雨漏りのシミがあれば
ぜひ無料診断をお勧めします

わからないことがあればお気軽にどうぞ

街の屋根やさん岡山店 0120-849-349
   (やってよくなるみごとによくなる)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

玉野市で屋根補修工事。棟瓦ズレ防止コーキング止め

玉野市で行った屋根補修工事の模様をお伝えします。瓦をコーキングで留める工事を、瓦葺き替え工事と比較される方がいらっしゃいますが、当然瓦を葺き替えして、耐震工法をすれば良くなるのは当然です。しかしながら、あと5年10年持てば良いと言われる方に...........

岡山市北区 屋根修理

岡山市北区で行った高所作業車(スカイマスター)で煙突の雨漏り修理の模様をお伝えします。建物は2階建ての切妻の陶器瓦(釉薬瓦)で急こう配のお宅でした。煙突部分から雨漏りするという事で、点検の時には煙突部分の上部は見えませんでしたが、煙突部分の...........

DSC06791_R

新見市で行った三州平板瓦施工の様子をお伝えします。陶器瓦(粘土瓦)は焼き物ですから一番長持ちする屋根材です。色の劣化はありませんし、デザインも豊富です。遮音性にも優れ、断熱効果もあり結露もしにくい屋根材です。粘土瓦は日本の気候風土に最も適し...........