倉敷市屋根修理。S型の瓦の下葺き材の防水紙を張り替え葺き直し

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

倉敷市のお客様より、雨漏りを止める屋根修理の問い合わがありました。

雨漏りの状況を確認、どこまで瓦を剥がして行くかを屋根に上がり確認です。
(点検の模様はこちら)
               ↓

2階の屋根の一面が雨漏りしていて、その雨漏りを止めるためにS型の瓦の下にひいてある下葺き材の防水紙のルーフィングを張り替えをして、瓦を葺き直しすることになりました。

今回はその工事の模様をご紹介します。
倉敷市 S型の瓦はがします。
瓦を剥がして足場の上に重ねていきます。
倉敷市 下葺き材の防水紙ルーフィング
ルーフィングを貼っていきます。
下武器材の防水紙ルーフィングは東和合成の東和ルーフを使います。
倉敷市 桟打ち
瓦を引っ掛ける桟木には合板ではなく杉を使います。
IMG_0809_R-columns2-overlay
棟の仕様は強力棟になります。

強力棟の金具を取り付け、垂木を取り付け南蛮漆喰シルガードを施工して、丸瓦をステンのビスで留めていきます
IMG_0806_R-1-columns2-overlay
隅棟部分は防水シートを二重に雨漏り防止の為張ります。
倉敷市屋根修理。S型の瓦の下葺き材の防水紙を張り替え葺き直し
下葺き材の防水紙ルーフィングは東和合成の東和ルーフを使います。
この東和ルーフには縦の凹凸がありますので、瓦の桟木と防水紙ルーフィングの間に隙間が出来るので、雨水が家の中に入りにくい構造になっています。
IMG_0491_R-2-columns2-overlay
瓦を戻し棟を強力棟で施工して完成です。
倉敷市屋根修理。S型の瓦の下葺き材の防水紙を張り替え葺き直し
これで雨漏りは安心です。
天井にシミ、雨漏り跡のある方は、ぜひ屋根の無料点検・無料診断をお勧めします。

早めの手入れが、大切なお家を守る秘訣です。

親切、丁寧に、点検や相談を無料で行っていますので、わからないことや疑問などがあればお気軽にどうぞ。

街の屋根やさん岡山店にご相談ください。

sーと

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岡山市南区 鼠色の陶器瓦

岡山市南区のお客様より築48年が経過し屋根の葺き替えを検討していると、相談の問い合わせをいただき調査にお伺いしました。年数が経っているのでそろそろ瓦を変える時期なのかなという事で、お問い合わせをいただきました。雨漏りはしていないとの事でした...........

津山市で雨漏り修理。下葺き材の防水紙ルーフィング張り替え工事

津山市のお客様より雨漏りするので止めてほしいと相談がありお伺いしました。お話をお伺いすると雨漏りはかなり以前からしていたそうです。屋根に上がり瓦の状態を見させていただくと、瓦は和型のセメント瓦で、セメントがわらに必要な塗装は完全に劣化して役...........

瀬戸内市雨漏り調査

瀬戸内市のお客様より雨漏りで天井が落ちたので、屋根の点検をしてほしいと相談がありました。お話をお伺いすると雨漏りの範囲が広く天井裏で漏電して火事になるのが心配だということで、雨漏りを止めたいとの事でした。雨漏りの原因は多岐に渡ることが多いで...........