倉敷市で雨漏りしているので、調査依頼。火災保険で修理を!


倉敷市のお客様より雨漏りしているから、屋根の状態を確認して欲しいと電話がありました。

建物は、切妻で2階建てのセメント瓦の和型の屋根でした。

建てられて30年は過ぎているそうです。

雨漏りは、借家として貸していたので、いつから雨漏りしたのかわからないそうです。

雨漏り修理は火災保険で行いたいとのことでした 。

それでは、雨漏りの原因を調べる模様をご紹介します。
倉敷市 雨漏り 火災保険
雨漏りしている場所を、見せていただき雨漏りの状況を確認いたします。 

メジャーなどをあてて、雨漏りしているポイントを特定して、屋根に上がります。

このように、屋根に上がる前に詳しく調べます。
 
天井からポタポタと雨音がするが、雨漏り場所が特定できない場合は、天井裏を確認します。

 


倉敷市 雨漏り 火災保険
雨漏りポイントが特定できたので、屋根に上がり雨漏りの原因を調べます。

瓦の割れとかずれ、または瓦の浮きがあれば原因は直ぐわかります。

割れもなくズレもない、瓦も浮き上がってなくスキマもないこの場合は、なかなか原因を見つけるのが難しくなります。

この時、屋根に上がる前に雨漏りポイントをしっかり調べることにより、雨漏りの原因がわかるのです。

まず漏っているところの瓦を捲ります。


倉敷市 雨漏り 火災保険
雨漏りのポイントの瓦を捲ると、このように雨水が入っていることがあります。

セメント瓦、釉薬瓦、その他の屋根材ほとんど30年~40年経つと起こりやすくなる、毛細管現象による雨水が屋根材の間を伝い、下葺き材である防水紙にシミを作ります。


倉敷市 雨漏り 火災保険
防水紙が新しいうちは防水機能が、働いていますので雨水が侵入しても、雨漏りはしないのですが、防水紙のルーフィングも劣化しますので雨漏りするのです。

瓦と瓦の間に土ぼこりがたまり、毛細管現象が起こりやすくなります。

こうなりますと、雨漏りしているところの、瓦の土ぼこりを取り除き、劣化の進んでいる防水紙を張り替えることにより雨漏りを防ぐことができます。
今回は毛細管現象による雨漏りが起こるのかのメカニズムを説明していきました。

お客様は、火災保険を使いたいといわれてましたが、このような経年劣化により雨漏りは火災保険は使えません。

瓦が強風で、めくれるとかズレる、または物が飛んできて瓦が割れるなどの風災は、風災特約が付いていれば火災保険で修理ができます。

天井にシミ、雨漏り跡のある方は、ぜひ屋根の無料点検・無料診断をお勧めします。

早めの手入れが、大切なお家を守る秘訣です。

親切、丁寧に、点検や相談を無料で行っていますので、わからないことや疑問などがあればお気軽にどうぞ。

街の屋根やさん岡山店にご相談ください。

l

同じ地域の施工事例

施工事例

倉敷市で屋根工事|雨漏り修理|カバー工法でアポロルーフ施工

カラーベスト施工前
アポロルーフ完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板の横葺きのアポロルーフ
築年数
13年
建坪
保証
10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岡山市東区 トタンの大谷やりかえ工事

岡山市東区の以前ご縁を頂いたお客様より、違う場所の雨漏り修理の依頼がありました。(以前の点検の模様はこちら)      ↓(岡山市東区で雨漏り修理の依頼があり無料調査にお伺いいたしました)(以前の工事の模様はこちら)      ↓(岡山市東...........

岡山市南区 屋根補修工事 漆喰入れ替え工事

岡山市南区のお客様より瓦屋根の補修工事の衣里を頂きました。屋根に上がり瓦の状態を調べました。(点検の模様はこちら)点検の結果屋根の補修工事をさせていただく事になりました。今回は屋根瓦補修工事の模様をお伝えいたします。お住まいを長持ちさせる秘...........

岡山市北区 雨漏り修理 瓦修理

岡山市北区のお客様より台風の影響で雨漏りするので調べてほしいと問い合わせがと問い合わせがありました。点検してみると、玄関の上は割れ瓦でもう一つは壁の剥がれでした。(点検の模様はこちら)雨漏りを防ぐために、壁の剥がれの補修と割れ瓦の差し替え、...........