新見市で屋根瓦葺き替え工事/セメント瓦を塗装のいらない瓦に

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

新見市のお客様よりセメント瓦の葺き替えの依頼がありました。

屋根に上がり瓦の点検、下地の確認をしました。
(点検の模様はこちら)
     ↓

今回はセメント瓦を撤去して下葺き材の防水紙ルーフィングの施工の模様をお伝えします。

建物は切妻の2階建てでした。

セメントは瓦定期的に塗装をしないといけない瓦で、10年置きにすれば瓦の持ちが良くなると言われますが、10年置きに塗装をされると、コスト面の問題も出てきます。

安い塗料を使うと色がすぐ取れたり、高い塗料を使うともう少しお金を足すと、瓦を替えれるんじゃないかというような業者もいるような話も聞きますので気をつけたいものです。
新見市 屋根瓦葺き替え工事前のセメント瓦
瓦撤去前の瓦の状態です。
棟の丸瓦の色が取れてセメント瓦のセメント部分が見えてきています。
新見市 屋根瓦葺き替え工事前のセメント瓦
平瓦部分も色がかなりとれています。
新見市 セメント瓦の状態
瓦も傷んでいるのがよくわかりますが、下葺き材の防水紙ルーフィングも劣化が進んでいます。
新見市 セメント瓦を撤去した状態
瓦を徹底すると下葺き材の傷みがよくわかります。
新見市 セメント瓦を撤去した状態
所々破れていますので張り替えないとダメな状態です。
新見市 下葺き材の施工
下葺き材の防水紙ルーフィングを張り替えた状態です。
防水紙は東和合成の東和ルーフを使います。
天井にシミ、雨漏り跡のある方は、ぜひ屋根の無料点検・無料診断をお勧めします。

早めの手入れが、大切なお家を守る秘訣です。

親切、丁寧に、点検や相談を無料で行っていますので、わからないことや疑問などがあればお気軽にどうぞ。

街の屋根やさん岡山店にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岡山市東区 折半の屋根から雨漏り

岡山市東区のお客様より雨漏りするので調べて欲しいとご相談がありました。お話をお伺いすると雨漏りは以前からしているそうです。何回も雨漏り修理をしたが止まらないそうです。建物は平屋でソフトバンクの携帯ショップをされているお店でした。雨漏りしてい...........

岡山市南区 鼠色の陶器瓦

岡山市南区のお客様より築48年が経過し屋根の葺き替えを検討していると、相談の問い合わせをいただき調査にお伺いしました。年数が経っているのでそろそろ瓦を変える時期なのかなという事で、お問い合わせをいただきました。雨漏りはしていないとの事でした...........

津山市で雨漏り修理。下葺き材の防水紙ルーフィング張り替え工事

津山市のお客様より雨漏りするので止めてほしいと相談がありお伺いしました。お話をお伺いすると雨漏りはかなり以前からしていたそうです。屋根に上がり瓦の状態を見させていただくと、瓦は和型のセメント瓦で、セメントがわらに必要な塗装は完全に劣化して役...........