岡山市北区で雨漏り修理の依頼がありました。防水紙の劣化が原因

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

岡山市北区でセメント瓦の屋根から雨漏りするので、見て直してほしいという
修理の依頼がありました。

屋根に上がり点検した結果、塗装工事の施工不良と防水紙(ルーフィング)の
経年劣化で破れて雨漏りしていました。

屋根に上がり点検の模様をお伝えします。
岡山市北区 雨漏り修理 防水紙劣化
この下葺き材の防水紙(ルーフィング)の劣化の進み具合は激しいです。

雨水の入っている跡もすごいです。何カ所も雨漏りするのもわかります。
岡山市北区 雨漏り修理 防水紙劣化
天井板が継ぎ目のところが剥がれかけています。
岡山市北区 雨漏り修理 防水紙劣化
この下葺き材の経年劣化は破れています。

よく見ると瓦桟木まで白くなっているので、かなり水が入っています。

このように下葺き材の防水紙ルーフィングは経年劣化で破れます。

新しくても手で引っ張れば破れます。

リフォームの場合下地板が弱っていることが多いのでタッカーという道具で防水紙を留めていくのですが、

下地が悪いと良く破れます。

ですから、佐藤瓦では破れない防水紙、
東和合成の東和ルーフを使っています。


岡山市北区 雨漏り修理 防水紙劣化
雨水が入る原因はこれです。

瓦が塗料でひっ付いて離れません。縁切りという作業を職人さんがやってない為です。

上の瓦と下の瓦が塗膜で引っ付き、隙間から入った雨水が逃げ道をなくし防水紙の上に流れてきます。

縁切りをすればここまで雨水が入ることはありません。

雨水が入ってきたとしても、下葺き材の防水紙(ルーフィング)が破れていなければ雨漏りは、防げますが破れていれば100%漏ります。
岡山市北区 雨漏り修理 防水紙劣化
他の所をめくってみましたが、雨水の入っている量がすごいです。
岡山市北区 雨漏り修理 塗装工事施工不良
この瓦の部分が塗膜でひっいているので、雨漏りするわけです。

この部分を縁切りという作業を行わないとダメです。
岡山市北区 雨漏り修理 防水紙劣化
谷瓦の瓦も浮いています。
岡山市北区 雨漏り修理 谷瓦ずれてます。
この瓦もズレています。
セメント瓦を塗装したばかりで雨漏りするお客様はこの可能性大です。



天井に雨漏りのシミがあれば
ぜひ無料診断をお勧めします

わからないことがあればお気軽にどうぞ

街の屋根やさん岡山店 0120-849-349まで
             (やってよくなるみごとによくなる)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岡山市東区 折半の屋根から雨漏り

岡山市東区のお客様より雨漏りするので調べて欲しいとご相談がありました。お話をお伺いすると雨漏りは以前からしているそうです。何回も雨漏り修理をしたが止まらないそうです。建物は平屋でソフトバンクの携帯ショップをされているお店でした。雨漏りしてい...........

岡山市南区 鼠色の陶器瓦

岡山市南区のお客様より築48年が経過し屋根の葺き替えを検討していると、相談の問い合わせをいただき調査にお伺いしました。年数が経っているのでそろそろ瓦を変える時期なのかなという事で、お問い合わせをいただきました。雨漏りはしていないとの事でした...........

津山市で雨漏り修理。下葺き材の防水紙ルーフィング張り替え工事

津山市のお客様より雨漏りするので止めてほしいと相談がありお伺いしました。お話をお伺いすると雨漏りはかなり以前からしていたそうです。屋根に上がり瓦の状態を見させていただくと、瓦は和型のセメント瓦で、セメントがわらに必要な塗装は完全に劣化して役...........