岡山市北区で雨漏り点検の依頼/雨漏りの原因はコーキングの施工不良


岡山市北区のお客様より雨漏り修理の依頼がありました。

最近ではほとんど施工のない洋風のS型の陶器瓦でした。

屋根に上がり瓦の点検をしましたが修理の跡が所々にありました。
早めの手入れは良いのですが、修理の仕方が悪いため
雨漏りが止まっていないのです。

雨漏りの原因はコーキングの施工不良だったのです。
今回はその点検した模様をお伝えいたします。

岡山巣北区 雨漏り修理 屋根瓦点検
まず初めに、雨漏りしている場所の確認作業です。

メジャーをあてて雨漏りしている場所が
屋根の上でも雨漏りポイントが、わかるよう調べます。

これが出来れば、雨漏りの原因を間違えることはほとんどないです。

雨漏り場所と違うポイントをいくら点検しても雨漏りの原因がわからない時や、原因を間違えることがあります。

この作業を省く業者は疑問符が付きます。

屋根に上がらない業者は問題外です。
怪しげな業者かも知れません。
岡山巣北区 雨漏り修理 屋根瓦点検
ここのお宅は天井裏に上がれるようになっていたので天井裏を見せていただきました。

奥の壁に雨漏り跡が壁の下地にシミとなって付いています。

この雨水が左の天井、壁を濡らすわけです。

岡山巣北区 雨漏り修理 屋根瓦点検
雨漏り場所が確認出来たら、屋根に上がり確認します。

この部分も雨漏りしている所でしたが、修理の跡がありました。

コーキングで瓦を止めていました。
瓦がずれないように止めるのは応急的には良いかもしれませんが、瓦をコーキングで止めるにも留め方があります。

絶対留めてはいけない場所があるのです。
岡山巣北区 雨漏り修理 屋根瓦点検
ここのポイントが雨漏りしている場所ですが補修した跡があります。

ここも絶対に留めてはいけない場所を留めています。

留めてはいけない場所とは雨水が流れるところです。ここを止めると必ず雨が漏ります。

雨漏りする場所は、雨水が入るから雨漏りするわけですから、単純に考えれば隙間をコーキングですべて留めれば止まるような気がします。

しかし雨水はどこからか入り瓦と瓦の間から出てくるのですが、コーキングをすることでこの抜け道を塞いでしまうわけです。

ですから雨漏りするわけです。

岡山巣北区 雨漏り修理 屋根瓦点検
ここも雨漏りしている場所の少し上の瓦ですがコーキングで留めてはいけないところを、留めています。
岡山巣北区 雨漏り修理 屋根瓦点検
瓦を捲ってみましたが、雨水が入った跡がついています。

このS型の瓦は雨水がとても入りやすい瓦なのです。

そして、下葺き材の防水紙ルーフィングが破れると雨漏りするわけです。
岡山巣北区 雨漏り修理 屋根瓦点検
棟の土を保護しいる漆喰も黒ずみ始めて劣化がすすんでます。
岡山巣北区 雨漏り修理 屋根瓦点検
瓦にひびが入っています。
岡山巣北区 雨漏り修理 屋根瓦点検
横から見ると瓦の隙間が気になります
岡山巣北区 雨漏り修理 屋根瓦点検
このくらい隙間から雨水が入ります。左のほうにコーキングの跡が見えます。

かなりコーキング処理をしている瓦が目に付きました。
次回は雨漏りを止める工事の模様をお伝えいたします。


天井に雨漏りのシミがあれば
ぜひ無料診断をお勧めします

わからないことがあればお気軽にどうぞ

街の屋根やさん岡山店 0120-849-349まで
             (やってよくなるみごとによくなる)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

玉野市で屋根補修工事。棟瓦ズレ防止コーキング止め

玉野市で行った屋根補修工事の模様をお伝えします。瓦をコーキングで留める工事を、瓦葺き替え工事と比較される方がいらっしゃいますが、当然瓦を葺き替えして、耐震工法をすれば良くなるのは当然です。しかしながら、あと5年10年持てば良いと言われる方に...........

岡山市北区 屋根修理

岡山市北区で行った高所作業車(スカイマスター)で煙突の雨漏り修理の模様をお伝えします。建物は2階建ての切妻の陶器瓦(釉薬瓦)で急こう配のお宅でした。煙突部分から雨漏りするという事で、点検の時には煙突部分の上部は見えませんでしたが、煙突部分の...........

DSC06791_R

新見市で行った三州平板瓦施工の様子をお伝えします。陶器瓦(粘土瓦)は焼き物ですから一番長持ちする屋根材です。色の劣化はありませんし、デザインも豊富です。遮音性にも優れ、断熱効果もあり結露もしにくい屋根材です。粘土瓦は日本の気候風土に最も適し...........