岡山市北区で瓦葺き替え工事やってます。今回は屋根瓦撤去です。

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

岡山市北区で雨漏りするので調査して頂けますかという事で、
屋根に上がり調べた結果雨水の入っている場所の多いこと

瓦を引っ掛けている瓦桟の劣化が酷いので、
葺き替え工事になりました。

今回は屋根瓦撤去です。
岡山市北区 屋根工事 瓦撤去
今回は瓦撤去の模様をお伝えします。
岡山市北区 屋根工事 瓦撤去
ダンプの廻りの瓦が飛び散らないようにブルーシートで養生します。
岡山市北区 屋根工事 瓦撤去
瓦をめくっていきます。
岡山市北区 屋根工事 瓦撤去
瓦をめくり山にしていきます。
岡山市北区 屋根工事 雨漏り跡
点検の時にも雨水が入っているのがわかりましたが、瓦をめくると予想以上に雨水が入っているがわかります。

瓦桟も傷んでボロボロになっているのがよくわかります。

雨水が入ると下葺き材の防水紙(ルーフィング)が白くなり劣化が進み破れます。

足元の下葺き材の防水紙(ルーフィング)が劣化が進み破れているのがわかります。
岡山市北区 瓦屋根葺き替え工事 雨漏り跡
この場所も雨水が入っているのがよくわかります。

こちらも桟木がボロボロです。水がまわるとこのように桟木がボロボロになります。
岡山市北区 屋根工事 雨漏り跡
棟瓦からも雨水が入っているのがよくわかります。

これだけ雨水が入っているのも珍しいです。

3年ほど前に塗装をしていましたが縁切りが出来ていなかったので、それが原因で雨漏りしたみたいです。
岡山市北区 瓦屋根葺き替え工事 雨漏り跡
この赤丸の所に見える黒い線が塗膜の跡です。

上の瓦と下の瓦が塗膜で手では剥がせないぐらい
引っ付いていました。

この部分を切り離さないと雨漏りします。
切り離すことを縁切りと言います。

雨水の流れ込む量がすごいですね。
これだけ雨水が入れば漏ります。

岡山市北区 屋根工事 雨漏り跡
屋根に上がるのは、屋根診断士の資格を持った、佐藤が確認いたします。
岡山市北区 屋根工事 雨漏り跡
最後に破れない東和ルーフを貼って終わりです。
次回は2階の瓦工事の模様をお伝えします。



天井に雨漏りのシミがあれば
ぜひ無料診断をお勧めします

わからないことがあればお気軽にどうぞ

街の屋根やさん岡山店 0120-849-349まで
             (やってよくなるみごとによくなる)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岡山市東区 折半の屋根から雨漏り

岡山市東区のお客様より雨漏りするので調べて欲しいとご相談がありました。お話をお伺いすると雨漏りは以前からしているそうです。何回も雨漏り修理をしたが止まらないそうです。建物は平屋でソフトバンクの携帯ショップをされているお店でした。雨漏りしてい...........

岡山市南区 鼠色の陶器瓦

岡山市南区のお客様より築48年が経過し屋根の葺き替えを検討していると、相談の問い合わせをいただき調査にお伺いしました。年数が経っているのでそろそろ瓦を変える時期なのかなという事で、お問い合わせをいただきました。雨漏りはしていないとの事でした...........

津山市で雨漏り修理。下葺き材の防水紙ルーフィング張り替え工事

津山市のお客様より雨漏りするので止めてほしいと相談がありお伺いしました。お話をお伺いすると雨漏りはかなり以前からしていたそうです。屋根に上がり瓦の状態を見させていただくと、瓦は和型のセメント瓦で、セメントがわらに必要な塗装は完全に劣化して役...........