屋根瓦葺き替え工事/岡山市北区で2階の棟を地震に強い南蛮漆喰


岡山市北区のお客様から雨漏り修理の問い合わせを頂き、
点検させて頂きました。点検の模様は(こちら)

点検した結果、下葺き材の防水紙(ルーフィング)が劣化して雨漏りしていました。
また、塗装の施工の仕方も悪いです。

塗料を厚く塗られセメント瓦が釉薬瓦ではないかと
思うぐらい綺麗に仕上げていました。

それは瓦がきれいになるし、防水性も良くなるので良いのですが、
この厚く塗ることにより、セメント瓦の表面に塗膜が出来、その塗膜が
雨水が瓦の間から出てくる抜け道を、塞いでしまう事になるわけです。

抜け道を失った雨水は、下葺き材の防水紙(ルーフィング)の上に流れ出ますので、
穴の開いたところ、釘穴とか防水紙を留めるために使うタッカーの針穴とか
劣化で破れたところから、雨漏りするわけです。

ですから、この塗装工事の中で大切な塗膜を切る作業、
縁切りが大切になってきます。

今回は雨漏りしていた下葺き材の防水紙(ルーフィング)を張り替え
雨水によってボロボロになった桟木も打ち替え
塗装のいらない三州瓦の陶器瓦に葺き替えすることになりました。

今回は2階の棟の施工の模様もお伝えします。


岡山市北区 瓦屋根葺き替え工事 雨漏り跡
これが瓦をめくった下葺き材の防水紙(ルーフィング)の状態です。

雨水が入ると白くなり、劣化が進み破れやすくなります。
あしもとの防水紙(ルーフィング)の破れています。

岡山市北区 瓦屋根葺き替え工事 雨漏り跡
この赤丸の所に写っている黒い線が塗膜の跡です。
上の瓦と下の瓦が手で剥がせないぐらい
引っ付いていました。

流れ込む雨水の量すごいですね。
これだけ入れば漏ります。
岡山市北区 瓦屋根葺き替え工事 雨漏り跡
雨水が入ると桟木がボロボロになり、瓦がズレてしまいます。
岡山市北区 屋根工事 破れない下葺き材の防水紙(ルーフィング)
下葺き材の防水紙(ルーフィング)を張り替えたと事です。この下葺き材の防水紙(ルーフィング)は手では破れない優れものです。

東和合成の東和ルーフを使っています。
岡山市北区 屋根葺き替え工事 棟施工
2階の棟の工事の模様です。南蛮漆喰のシルガードを土の代わりにつかいます。
岡山市北区 屋根葺き替え工事 棟施工
枠を取り除いた後は、鏝で丁寧に撫でて行きます。
岡山市北区 屋根工事 棟施工
熨斗瓦をのせる土台が出来ました。
岡山市北区 屋根工事 棟に使う南蛮漆喰
これがシルガードで埼玉の馬場商店が作っています。

この南蛮漆喰のシルガードはシリコン入りですので、防水性もアップし、地震にも強くなっています。

7年前の東北震災でも、地震で棟が崩れましたけど、ほとんど赤土を使っていました。

棟の修理には、南蛮漆喰を使って修理しました。
岡山市北区 瓦屋根葺き替え工事 棟工事
南蛮漆喰は一発仕上げですからそのままでも大丈夫なのですが、南蛮漆喰の上にシマダ物産の屋根漆喰を塗っていくます。

この瓦専用の瓦漆喰を塗るくとの仕上がりがきれいになります。

また、瓦と漆喰の肌別れを防ぐことにもなります。
岡山市北区 瓦屋根葺き替え工事 棟工事 シマダ物産の屋根しっくい
これがシマダ物産の屋根しっくいです。

漆喰の面戸入れ替え工事の時もよく付きいます。
岡山市北区 屋葺き替え工事 棟工事
のし瓦をついていきます。
岡山市北区 屋葺き替え工事 棟工事
熨斗は3段施工します。
岡山市北区 屋根葺き替え工事 ケラバ板金
ケラバは雨仕舞をよくするために板金を取り付けます。ケラバにできる隙間を防ぎます。
岡山市北区 屋根葺き替え工事 棟施工
2階の棟の完成です。

次回は1階の屋根瓦葺き替えの模様をお伝えします。




天井に雨漏りのシミがあれば
ぜひ無料診断をお勧めします

わからないことがあればお気軽にどうぞ

街の屋根やさん岡山店 0120-849-349まで
             (やってよくなるみごとによくなる)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

玉野市で屋根補修工事。棟瓦ズレ防止コーキング止め

玉野市で行った屋根補修工事の模様をお伝えします。瓦をコーキングで留める工事を、瓦葺き替え工事と比較される方がいらっしゃいますが、当然瓦を葺き替えして、耐震工法をすれば良くなるのは当然です。しかしながら、あと5年10年持てば良いと言われる方に...........

岡山市北区 屋根修理

岡山市北区で行った高所作業車(スカイマスター)で煙突の雨漏り修理の模様をお伝えします。建物は2階建ての切妻の陶器瓦(釉薬瓦)で急こう配のお宅でした。煙突部分から雨漏りするという事で、点検の時には煙突部分の上部は見えませんでしたが、煙突部分の...........

DSC06791_R

新見市で行った三州平板瓦施工の様子をお伝えします。陶器瓦(粘土瓦)は焼き物ですから一番長持ちする屋根材です。色の劣化はありませんし、デザインも豊富です。遮音性にも優れ、断熱効果もあり結露もしにくい屋根材です。粘土瓦は日本の気候風土に最も適し...........