岡山市南区で雨漏りの原因は毛細管現象による防水紙の劣化


岡山市南区のお客様より、台風の影響で雨漏りしたので
見て頂けますかと問い合わせがありました。

雨漏りしている場所を、見せて頂き雨漏りポイントが確認できたら、
屋根に上がり点検しします。
屋根に上がりますので他に傷んでいる所がないか調べます。
(点検の模様はこちら)
                ↓

点検をした結果、毛細管現象で雨漏りしている事がわかりました。

毛細管現象により雨水が、下葺き材の防水紙ルーフィングに流れ込み
防水紙が劣化し雨漏りが発生します。

前回は2階の瓦撤去の模様をお伝えしました。
(その模様はこちら)
     ↓

今回も雨水が下地に流れ込んでいるのがよく分かる1階の瓦撤去と
下葺き材の防水紙ルーフィングの模様をお伝えします。
岡山市南区 1階瓦撤去
1階の瓦を撤去していきます。
岡山市南区 1階瓦撤去
瓦を手渡しで前に持って行きます。
岡山市南区 毛細管現象
瓦と瓦の間に土ぼこりが溜まり毛細管現象を起こしています。
岡山市南区 毛細管現象で雨漏り跡
少ししか雨水が入らなくても長年経つとこのような雨水の跡になります。
岡山市南区 毛細管現象で雨漏り跡
ここも毛細管現象で雨漏り跡が付いています。

これだけ雨水が下葺き材の防水紙ルーフィングに流れ込んでいても、雨漏りは1カ所で収まっているので防水シートはとても大切です。
岡山市南区 毛細管現象で雨漏り跡
下葺き材の防水紙のルーフィングの白くなり劣化がかなり進んでいますので、防水シートも限界みたいです。
岡山市南区 下葺き材防水紙ルーフィング施工
劣化が進んだ下葺き材の防水紙ルーフィングは東和ルーフに張り替えです。

この東和ルーフは手では破れません。

リフォームの場合下地が弱っていることが多いのでアスファルトルーフィングを使っていると破れたリ穴が開きます。

桟木を留めている釘がよく残っていて、アスファルトルーフィングに穴が開きます。

東和ルーフを使えば破れる心配がないので安心です。
岡山市南区 下葺き材防水紙ルーフィング施工
べたつきもありませんし、大きな特徴として防水紙に縦残が付いています。

この凹凸があることで瓦を引っ掛ける桟木と防水紙の間に空間が出来、万が一雨水が入っても

防水シートの上を雨水が流れ、家の中には落ちてこないので雨漏りしません。

普通の施工の場合防水シートと桟木は引っ付いていますので、雨水が入ると桟木の所に雨水がたまります。

その雨水が釘穴、防水シートを留める針の穴、破れてあいた穴などから雨漏りするわけです。

ですから佐藤瓦では東和ルーフを使っています。
お客様に安心を提供できるからです。


今回は瓦撤去の模様をお伝えしました。
次回は平板瓦の施工の模様をお伝えします。


天井に雨漏りのシミがあれば
ぜひ無料診断をお勧めします

わからないことがあればお気軽にどうぞ

街の屋根やさん岡山店 0120-849-349
   (やってよくなるみごとによくなる)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

玉野市で屋根補修工事。棟瓦ズレ防止コーキング止め

玉野市で行った屋根補修工事の模様をお伝えします。瓦をコーキングで留める工事を、瓦葺き替え工事と比較される方がいらっしゃいますが、当然瓦を葺き替えして、耐震工法をすれば良くなるのは当然です。しかしながら、あと5年10年持てば良いと言われる方に...........

岡山市北区 屋根修理

岡山市北区で行った高所作業車(スカイマスター)で煙突の雨漏り修理の模様をお伝えします。建物は2階建ての切妻の陶器瓦(釉薬瓦)で急こう配のお宅でした。煙突部分から雨漏りするという事で、点検の時には煙突部分の上部は見えませんでしたが、煙突部分の...........

DSC06791_R

新見市で行った三州平板瓦施工の様子をお伝えします。陶器瓦(粘土瓦)は焼き物ですから一番長持ちする屋根材です。色の劣化はありませんし、デザインも豊富です。遮音性にも優れ、断熱効果もあり結露もしにくい屋根材です。粘土瓦は日本の気候風土に最も適し...........