岡山市南区で屋根工事|築40年のセメント瓦を撤去し葺き替えです。



岡山市南区で雨漏りがしていたセメント瓦を、きれいな瓦に葺き替えです。

前回は、1階の平瓦の工事をお伝えしましたが、本日は棟の施工です。

屋根は防水紙の施工が悪ければ雨漏りが発生します。

何故かといいますと、いくらいい材料を使っても水の浸入を防ぐことが出来ないのです。

ですから、私たちは防水紙にこだわっています。

大切なお家を雨漏りから守りたいからです。
岡山市南区 屋根工事 屋根葺き替え工事
築40年前後の2階建ての切り妻の建物で雨漏りしていて、瓦もかなり劣化が進んでいました。
岡山市南区 屋根工事 屋根葺き替え工事工事前
谷廻りの防水紙の施工不良を説明します。

年数の経った防水紙がなぜダメなのかも説明します。
岡山市南区 屋根工事 屋根葺き替え工事 防水紙雨漏り跡
まずセメント瓦の建物は比較的勾配が緩く、毛細管現象を起こし、防水紙には雨漏り跡が至る所にあります。

35年から40年経った家はほぼ水がまわります。
岡山市南区 屋根工事 屋根葺き替え工事 防水紙雨漏り跡
防水紙が水を吸って劣化しますし、防水紙を留める針が劣化して穴をあけたり、留め方が悪ければ施工と同時に穴が開いていることは良くあります。
岡山市南区 屋根工事 屋根葺き替え工事 塗装工事不良
またセメント瓦を塗装しているのを、よく見ますが縁切りと言って上の瓦と下の瓦が塗膜でひっつかないように切る作業を、怠る塗装やさんがいますので、塗装の跡は雨漏りに気を付けたいものです。

上の写真は1枚の瓦をめくったら4枚ひっついて、めくれました。
岡山市南区 屋根工事 屋根リフォーム 防水紙施工不良
この写真は、防水紙の施工不良です。

防水紙は壁際10センチ以上立ち上がりを付けないといけませんが、全くありません。

このような施工は、雨漏りの原因になりますので気を付けたいものです。
岡山市南区 屋根工事 屋根リフォーム 南蛮漆喰
本日の工事は棟の施工です。

今は土を使わず、南蛮漆喰を使います。

私どもが使っている南蛮は埼玉県の馬場商店のシリコン入りのシルガードを使います。

シルガードには防水材が入っているので、吸水率が低くなり抜群の強度と耐久性があります。
岡山市南区 屋根工事 屋根リフォーム 南蛮漆喰
シルガードは一発仕上げの材料なので、瓦漆喰を塗らなくてよいのですが、仕上げをきれいにするため私たちは、面戸部分に瓦専用の、瓦漆喰を塗ります。

ひと手間余分にかかるのですがより良い仕上げにこだわっています。
岡山市南区 屋根工事 屋根リフォーム 熨斗施工
棟の熨斗の施工です。
岡山市南区 屋根工事 屋根リフォーム 丸瓦施工
最後の5寸丸を施工しています。
本日の工事は以上です。明日は壁際の熨斗の施工です。



点検・見積もりまで無料で行っています。
わからないことや疑問などがあればお気軽に。

街の屋根やさん岡山店 にご相談ください。0120-849-349まで

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岡山県久米郡久米南町で屋根工事|セメント瓦を葺き替え工事

セメント瓦 工事前
セメント瓦葺き替え 完成
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
三州瓦 和型 銀黒
築年数
50年
建坪
保証
10年
工事費用
240万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_4039_R

赤穂市上郡町のお客様より屋根瓦の葺き替えの点検依頼がありました。屋根に上がりトタン屋根の下屋根の瓦葺き替え工事の点検した模様をお伝えします。建物は50年以上経った兜屋根のお宅でした。下屋根に淡路産のいぶし瓦が使われていました。瓦はかなり劣化...........

備前市 1階棟工事完成

備前市のお客様から雨漏りしているので屋根を調べていただけますかと問い合わせがありました。雨漏りしている所を確認して屋根に上がり点検いたします。(点検してる模様はこちら)      ↓(備前市で台風の影響で天井から雨水が!雨漏り修理の依頼です...........

岡山市北区 瓦屋根葺き替え工事 養生足場の解体

岡山市北区のお客様より雨漏り修理の依頼があり、点検にお伺いいたしました。(点検の模様は こちら)セメント瓦も30年をすぎ、葺き替えに時期に来ていました。塗装の施工不良が雨漏りの原因で、雨水が下葺き材の防水紙ルーフィングに流れ出し瓦...........