岡山市中区で屋根工事/南蛮漆喰のシルガードを使って棟工事

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

岡山市中区のお客様より屋根修理の問い合わせがありました。

雨漏りが酷いので見てほしいと問い合わせがありお伺いしました。

屋根に上がり点検をしましたがセメント瓦が大変なことになっていました。
(点検の模様はこちら)
     ↓

点検の結果、屋根修理が出来ない状態でしたので瓦屋根を葺き替えすることになりました。

下地も傷んでいましたので、補強することになりました。
(下地がよく傷んでいるのがよくわかる瓦撤去はこちら)
             ↓

前回は瓦葺きあげ工事の模様をおつたえしました。

今回は棟の積み上げ工事です。

昔の施工方法ですと棟が崩れやすいので、最近は地震の影響で棟が崩れない様に南蛮漆喰のシルガードを使って棟を施工します。


岡山市中区 棟工事
棟には土ではなく南蛮漆喰シルガードを使います。

南蛮漆喰シルガードは抜群の強度と耐久性があります。

防水材も添加されていますので、吸水率を低減します。

シリコンも入っていますので防水性強度も高くなります。
岡山市中区 棟工事
この南蛮漆喰を使えば漆喰入れ替え工事も必要無くなります。

以前は土の横を漆喰で保護していました。土と漆喰が肌別れして、ポロポロ取れてくるわけです。
南蛮漆喰シルガードは、一発仕上げなので肌別れする事がないのです。
ですから手入れ不要の材料なのです。
岡山市中区 棟工事熨斗施工
1段目の熨斗を施工していきます。
この熨斗を施工できる瓦職人が少なくなっています。
最近の新築では平板瓦が多いので熨斗を施工しない建物も増えてます。
岡山市中区 棟工事熨斗施工
2段目のノシを積んでいきます。
岡山市中区 棟工事熨斗施工
丸瓦を施工していきます。
岡山市中区 棟工事熨斗施工完成
棟雁ぶりを銅線で留めていきます。
天井にシミ、雨漏り跡のある方は、ぜひ屋根の無料点検・無料診断をお勧めします。

早めの手入れが、大切なお家を守る秘訣です。

親切、丁寧に、点検や相談を無料で行っていますので、わからないことや疑問などがあればお気軽にどうぞ。

街の屋根やさん岡山店にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岡山市東区 折半の屋根から雨漏り

岡山市東区のお客様より雨漏りするので調べて欲しいとご相談がありました。お話をお伺いすると雨漏りは以前からしているそうです。何回も雨漏り修理をしたが止まらないそうです。建物は平屋でソフトバンクの携帯ショップをされているお店でした。雨漏りしてい...........

岡山市南区 鼠色の陶器瓦

岡山市南区のお客様より築48年が経過し屋根の葺き替えを検討していると、相談の問い合わせをいただき調査にお伺いしました。年数が経っているのでそろそろ瓦を変える時期なのかなという事で、お問い合わせをいただきました。雨漏りはしていないとの事でした...........

津山市で雨漏り修理。下葺き材の防水紙ルーフィング張り替え工事

津山市のお客様より雨漏りするので止めてほしいと相談がありお伺いしました。お話をお伺いすると雨漏りはかなり以前からしていたそうです。屋根に上がり瓦の状態を見させていただくと、瓦は和型のセメント瓦で、セメントがわらに必要な塗装は完全に劣化して役...........