岡山市北区で屋根診断士による点検/雨漏りの原因は塗装の施工不良


岡山市北区のお様より雨漏り修理の依頼がありました。

屋根診断士の診断の結果、屋根瓦の葺き替えをすることになりました。
(屋根に上がり点検した模様はこちら

雨漏りの原因は塗装工事の施工不良でした。
(雨漏りの状況がよくわかる瓦撤去の模様はこちら

前回は1階の棟の施工の模様をお伝えしました。
(その模様はこちら
今回は1階の際熨斗の施工の模様をお伝えします。
岡山市北区 瓦屋根葺き替え工事 屋根診断士の屋根点検
家の中の雨漏りの場所を確認した後、屋根に上がリ雨漏りしたポイントの瓦をめくります。

この工程がとても大切で、雨漏りした場所は見るけど、屋根に上がらなかったという業者の話を聞くことがありますが、それでは正確な雨漏りの状況がわからないと思われます。

やらなくてもいい工事をやらされている可能性もありますので、気をつけてください。

また、屋根にあがらない会社の考え方に、簡単な補修工事では会社に利益が出ないので、雨漏りしたら直ぐ葺き替えという会社があるみたいです。
ですから、屋根に上がり原因を捜す必要がないのです。

私どもは、必ず屋根に上がり雨漏りの原因を調べます。
屋根に上がり点検するのは、屋根診断士の資格を持った私佐藤が行います。

確実に雨漏りの原因を調べ必要最小限の工事を提案いたします。

屋根工事、リフォーム工事の多くは。何の資格もなくてもできる工事ですので、よく工事をする会社のこと調べてくださいね。

建設業の許可を持っているとか、増改築の相談員の資格を持っているとか、リフォーム瑕疵担保保険の登録業者とか、工事をした人の声とかです。
岡山市北区 瓦屋根葺き替え工事 雨漏り跡
瓦をめくった状態ですが、雨水が下葺き材の防水紙ルーフィングの上に、大量に流れ出していました。

その原因が瓦の割れでしたら瓦を1枚替えるだけで、雨漏りはとまります。

瓦がなんらかの原因でズレたり、浮いたりすることもあります。

簡単なズレ、浮きはすぐ直ります。雨漏りもすぐ止まります。

そのような雨漏りの原因もあります。

また、台風の跡の雨漏りには、屋根は関係なく壁が原因という事もありますので、必ず屋根に上がり調べます。

今回の雨漏りの原因は、塗装の施工不良でした。

塗膜が原因で大量の雨水が下葺き材の防水紙ルーフィングに流れ出していたのです。

そこに防水紙ルーフィングの劣化が重なり、破れたところ、穴の開いた所から雨漏りしたのです。

ですから、何カ所も雨漏りしたわけです。

これだけ劣化が進んでいた場合、屋根瓦葺き替えになります。


岡山市北区 瓦屋根葺き替え工事 際熨斗施工
今回の瓦葺き替え工事は塗装のいらない陶器瓦に葺き替えすることになりました。

下葺き打材の防水紙(ルーフィング)は破れない、縦に凹凸がついた水はけのよい、東和合成の東和ルーフを使っています。

のし瓦施工前です」
岡山市北区 瓦屋根葺き替え工事 際熨斗施工
壁際に見えているのが東和ルーフです。
岡山市北区 瓦屋根葺き替え工事 際熨斗施工
壁際の熨斗ですが、棟工事と同じく南蛮漆喰シルガードを使います。
南蛮漆喰シルガードを使う事で、雨水の侵入を防ぎ耐久性がアップします。

壁際は雨漏りしやすい所ですのでいい材料を使い雨漏りしにくい状態にします。
岡山市北区 瓦屋根葺き替え工事 際熨斗施工
ノシを施工していきます。

熨斗と熨斗の間には南蛮漆喰シルガードを使い、雨押え漆喰を塗った跡に、雨押え板金を施工していきます。
岡山市北区 瓦屋根葺き替え工事 際熨斗施工
斜めの壁際の熨斗工事です。
岡山市北区 瓦屋根葺き替え工事 際熨斗施工
雨押え板金を施工すれば完成です。
瓦工事は今回で終わりです。
次回は雨押え板金工事をお伝えします。



天井に雨漏りのシミがあれば
ぜひ無料診断をお勧めします

わからないことがあればお気軽にどうぞ

街の屋根やさん岡山店 0120-849-349まで
             (やってよくなるみごとによくなる)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

玉野市で屋根補修工事。棟瓦ズレ防止コーキング止め

玉野市で行った屋根補修工事の模様をお伝えします。瓦をコーキングで留める工事を、瓦葺き替え工事と比較される方がいらっしゃいますが、当然瓦を葺き替えして、耐震工法をすれば良くなるのは当然です。しかしながら、あと5年10年持てば良いと言われる方に...........

岡山市北区 屋根修理

岡山市北区で行った高所作業車(スカイマスター)で煙突の雨漏り修理の模様をお伝えします。建物は2階建ての切妻の陶器瓦(釉薬瓦)で急こう配のお宅でした。煙突部分から雨漏りするという事で、点検の時には煙突部分の上部は見えませんでしたが、煙突部分の...........

DSC06791_R

新見市で行った三州平板瓦施工の様子をお伝えします。陶器瓦(粘土瓦)は焼き物ですから一番長持ちする屋根材です。色の劣化はありませんし、デザインも豊富です。遮音性にも優れ、断熱効果もあり結露もしにくい屋根材です。粘土瓦は日本の気候風土に最も適し...........