備前市で築25年ハイシルバーの陶器瓦の点検依頼がありました。


備前市で築25年前後の粘土瓦でハイシルバー(グレー)のお宅の屋根の点検依頼があり、
瓦屋根に上がり点検した模様をお伝えします。

建物は2階建ての切妻のお宅です。

下から見た感じでは問題なさそうに見えます。
IMG_5268_R-columns2-overlay
雨漏りはしてないので、家の中の確認は必要ありません。

今回は25年間何にもしてないので、屋根瓦が傷んでないか見てほしいという事で、瓦屋根を点検いたします。

パッと見た感じそんなに傷んでいるようには
見えませんでした。

屋根に上がり点検するのは、屋根診断士の資格を
持った私佐藤が調査致します。
備前市 屋根点検 瓦ズレ
まず初めに気が付いたのは、鬼瓦部分に施工してある鬼首漆喰の劣化です。

漆喰はもうやり替えの時期に来ています。

瓦は淡路瓦ですが、そんなに傷んでいる感じには見えないです。
IMG_5273_R-columns2-overlay
問題があったのは、施工の部分です。袖瓦(ケラバ部分)の施工が悪いです。

写真で見ても瓦がズレているのがわかります。
備前市 屋根点検 防水紙の劣化
瓦をめくってみると雨水が入っています。

かなり入っているのがわかります。

防水紙のが雨漏りしないように頑張ってくれているみたいです。
備前市 屋根点検 瓦ズレ
2階裏側の袖瓦もズレています。
備前市 屋根点検 防水紙の劣化
瓦をめくってみるとこのように雨水が入っています。
備前市 屋根点検 瓦ズレ
1階の屋根の袖瓦もズレています。

竪樋のすぐ右側の瓦の隙間が大きすぎます。

瓦割りを間違えたとしか思えません。
備前市 屋根点検 防水紙の劣化
この部分も雨水が入っています。

IMG_5359_R-columns2-overlay
雨が入っている所の瓦ですが、瓦と瓦が重なるところに、土ぼこりが溜まり毛細管現象を起こし、濡れているのがわかります。
備前市 屋根点検 瓦ズレ
2階の袖瓦もズレています。
今回はまだ雨漏りしていませんでしたが、下葺き材の防水シートの劣化が進むと雨漏りします。

早めの手入れが大切なお家を長持ちさせます。



天井に雨漏りのシミがあれば
ぜひ無料診断をお勧めします

わからないことがあればお気軽にどうぞ

街の屋根やさん岡山店 0120-849-349まで
             (やってよくなるみごとによくなる)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

玉野市で屋根補修工事。棟瓦ズレ防止コーキング止め

玉野市で行った屋根補修工事の模様をお伝えします。瓦をコーキングで留める工事を、瓦葺き替え工事と比較される方がいらっしゃいますが、当然瓦を葺き替えして、耐震工法をすれば良くなるのは当然です。しかしながら、あと5年10年持てば良いと言われる方に...........

岡山市北区 屋根修理

岡山市北区で行った高所作業車(スカイマスター)で煙突の雨漏り修理の模様をお伝えします。建物は2階建ての切妻の陶器瓦(釉薬瓦)で急こう配のお宅でした。煙突部分から雨漏りするという事で、点検の時には煙突部分の上部は見えませんでしたが、煙突部分の...........

DSC06791_R

新見市で行った三州平板瓦施工の様子をお伝えします。陶器瓦(粘土瓦)は焼き物ですから一番長持ちする屋根材です。色の劣化はありませんし、デザインも豊富です。遮音性にも優れ、断熱効果もあり結露もしにくい屋根材です。粘土瓦は日本の気候風土に最も適し...........