倉敷市で古い瓦を使い屋根リフォームをやりたいので、点検依頼。

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

倉敷市のお客様より古い瓦を使い屋根リフォームやりたいので、
見ていただけますかと問い合わせがありました。

建物は100年以上経ったお宅でした。

屋根は本葺きと言って寺とか神社でよく見かける屋根瓦のお宅でした。
倉敷市 屋根リフォーム 雨漏り修理
天井裏が見えるという事で、見せて頂くと雨水の跡がものすごいです。

4か所激しく雨漏りしていましたが、それ以外も至る所で雨水が入っている様子です。

下地の状況を見た感じ、屋根は相当傷んでいます。

雨漏り修理が出来ない可能性もあります。
倉敷市 屋根リフォーム 雨漏り修理
瓦は本葺きといいまして神社、仏閣などの建物に多く用いられます。

工事代が高額になるので一般住宅には施工することはほとんどなくなりました。
倉敷市 屋根リフォーム 雨漏り修理
割れやすくなっていましたが、瓦を割らなないように気を付けて点検です。

屋根に上がり点検するのは、屋根診断士の資格を持った私佐藤が行います。
倉敷市 屋根リフォーム 雨漏り修理
雨漏りが一番激しいところですが、完全に瓦が割れています。

これだ割れて隙間が空けば雨が降るたびに雨水が入ります。

しかし、この本葺きという瓦施工は防水紙ではなく土を使います。

少々の雨でしたら土が雨水を吸ってくれるので下まで落ちては来ません。

雨が漏りだしたときには、下地板がかなり弱っている可能性があります。
倉敷市 屋根リフォーム 雨漏り修理
この瓦の下も漏っていますね。
倉敷市 屋根リフォーム 雨漏り修理
これは寒割れといって、淡路瓦、地元のいぶし瓦によく見られる現象です。

瓦を焼く温度が低いので、瓦が水を吸いやすく水を吸った時冷え込んで水が凍ると瓦の中で水が膨張し瓦が割れるわけです。
倉敷市 屋根リフォーム 雨漏り修理
漆喰で屋根を補修した跡があります。
倉敷市 屋根リフォーム 雨漏り修理
こちらはコーキングで補修しています。
倉敷市 屋根リフォーム 雨漏り修理
丸瓦、平瓦がズレています。
倉敷市 屋根リフォーム 雨漏り修理
こちらにも割れ瓦がありました。
倉敷市 屋根リフォーム 雨漏り修理
下屋根の雨漏りは、大屋根の樋が原因みたいです。

樋の中にコケが大量に発生し樋の下がっている所から雨水が下の屋根に落ち雨漏りしているみたいです。
倉敷市 屋根リフォーム 雨漏り修理
赤丸の所も平瓦がズリ雨漏りしています。


板金の屋根の上に古い瓦を使って屋根リフォームをしたいと言われていましたが
勾配の問題、本葺きなので重さの問題、あと金額的な事もあり
雨漏りしている所の雨漏りを止める事になりました。

この家に住むかどうかも決まっていないという事もあり、今回はとりあえず
雨漏りを止める補修工事の提案になります。


天井に雨漏りのシミがあれば
ぜひ無料診断をお勧めします

わからないことがあればお気軽にどうぞ

街の屋根やさん岡山店 0120-849-349まで
             (やってよくなるみごとによくなる)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岡山市東区 折半の屋根から雨漏り

岡山市東区のお客様より雨漏りするので調べて欲しいとご相談がありました。お話をお伺いすると雨漏りは以前からしているそうです。何回も雨漏り修理をしたが止まらないそうです。建物は平屋でソフトバンクの携帯ショップをされているお店でした。雨漏りしてい...........

岡山市南区 鼠色の陶器瓦

岡山市南区のお客様より築48年が経過し屋根の葺き替えを検討していると、相談の問い合わせをいただき調査にお伺いしました。年数が経っているのでそろそろ瓦を変える時期なのかなという事で、お問い合わせをいただきました。雨漏りはしていないとの事でした...........

津山市で雨漏り修理。下葺き材の防水紙ルーフィング張り替え工事

津山市のお客様より雨漏りするので止めてほしいと相談がありお伺いしました。お話をお伺いすると雨漏りはかなり以前からしていたそうです。屋根に上がり瓦の状態を見させていただくと、瓦は和型のセメント瓦で、セメントがわらに必要な塗装は完全に劣化して役...........