倉敷市で漆喰が剥がれています。屋根補修工事の現場調査です。

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

倉敷にお住いのお客様より漆喰が剥がれてしまっているので直したいと、工事の依頼をいただき現調にお伺いいたしました

壁の塗装をされていたので足場がありその足場から屋根を見ると漆喰の剥がれているに気がついたそうです。

屋根に上がり屋根補修工事の現調した模様をお伝えします。
倉敷市 漆喰入れ替え工事 点検
建物は入母屋のいぶし瓦のお宅でした。

築30年前後でメンテナンスは一度もされていないとの事です。
倉敷市 漆喰入れ替え工事 点検
屋根に上がり点検するのは、もちろん屋根診断士の資格を持った私佐藤が点検いたします。

この日は寒かったです。
倉敷市 漆喰入れ替え工事 点検
2階の隅棟ですが漆喰の劣化が進んでます。
倉敷市 漆喰入れ替え工事 点検
本棟の漆喰が剥がれています。
倉敷市 漆喰入れ替え工事 点検
こちらの漆喰も剥がれています。

こののような状態で今すぐ雨漏りがするということは、ありませんが劣化が始まっていることには間違いありません。

また、漆喰が剥がれても棟が今すぐ崩れることはありません。

なにが問題かと言うと土を保護している漆喰が剥がれるという事は、土が雨水に当たりやすくなるということです。

雨水を吸った状態で土が凍ると土が砂のようになり、流れ出して棟が崩れだします。

棟が崩れかけると雨漏りが発生します。

ですので早めにメンテナンスをした方がいいわけです。


倉敷市 漆喰入れ替え工事 点検
この隅棟の漆喰も劣化が進んでます。

ここまで色が変わると剥がれていくのも早いです。

営業の方が棟の漆喰が剥がれて大変ですといわれても、慌てて屋根リフォームをやらなくて、大丈夫ですよ。

まずは漆喰の入れ直し、そして棟の積み直し、葺き直し、その後が屋根リフォーム、葺き替えですよ。

漆喰を使っているという事は、瓦屋根だと思います。
瓦は、屋根材の中で一番耐久性に優れています。

ですかれ、すぐその場で判断されずに、私たちみたいな、プロの方にご相談してくださいね。


漆喰の色が黒ずんで来たり、剥がれが目立って来たら
早めの手入れをおすすめいたします。



天井に雨漏りのシミがあれば
ぜひ無料診断をお勧めします

わからないことがあればお気軽にどうぞ

街の屋根やさん岡山店 0120-849-349
   (やってよくなるみごとによくなる)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岡山市東区 折半の屋根から雨漏り

岡山市東区のお客様より雨漏りするので調べて欲しいとご相談がありました。お話をお伺いすると雨漏りは以前からしているそうです。何回も雨漏り修理をしたが止まらないそうです。建物は平屋でソフトバンクの携帯ショップをされているお店でした。雨漏りしてい...........

岡山市南区 鼠色の陶器瓦

岡山市南区のお客様より築48年が経過し屋根の葺き替えを検討していると、相談の問い合わせをいただき調査にお伺いしました。年数が経っているのでそろそろ瓦を変える時期なのかなという事で、お問い合わせをいただきました。雨漏りはしていないとの事でした...........

津山市で雨漏り修理。下葺き材の防水紙ルーフィング張り替え工事

津山市のお客様より雨漏りするので止めてほしいと相談がありお伺いしました。お話をお伺いすると雨漏りはかなり以前からしていたそうです。屋根に上がり瓦の状態を見させていただくと、瓦は和型のセメント瓦で、セメントがわらに必要な塗装は完全に劣化して役...........