赤磐市で木の枝が瓦に当たりズレたので点検にお伺いしました。


赤磐市のお客様よりメールで、木が瓦にあたりズレているので、
点検調査して欲しいと依頼がありました。

日程を調整しお伺いし、屋根に上がり点検した模様をお伝えします。

建物は2階建ての切り妻のS型の陶器瓦のお宅でした。
赤磐市 屋根瓦点検 瓦のズレ 樋の詰まり
今回のお客様のお家は、雨漏りしていないという事でしたので、下から気になるところ聞いて屋根に上がります。

屋根に上がるのは、屋根診断士の資格を持った私佐藤が上がり点検致します。

屋根に上がり点検するには、なんの資格がなくても出来ますので、上がられる方の経験とか資格みたいなものを聞かれるとよいと思います。

ちなみに、佐藤瓦は工事実績では3000件を超えていますし、点検した件数で言えば倍の6000件は超えています。

ですから少しは安心して頂けるのではないかと思っています。
赤磐市 屋根瓦点検 瓦のズレ
棟の巴が落ちて無くなっています。

写真の左に映っているのが桜の木で風が吹くと瓦に当たり瓦が落ちたみたいです。


赤磐市 屋根瓦点検 瓦のズレ 
木から落ちた葉っぱが瓦の上にこびり付いています。
赤磐市 屋根瓦点検 瓦のズレ 木の枝が瓦に当たり
反対側にも大きな木があります。

この木も屋根瓦に風が吹いても当たらないようにしてほしいという事でした。
赤磐市 屋根瓦点検 瓦のズレ 
瓦の色がハイシルバーといって、明るいグレーなのですが黒いものがこびり付いています、
赤磐市 屋根瓦点検 瓦のズレ 
こちらの写真を見ればよくわかると思います。木のアクみたいなものが付いているみたいでザラザラです。

屋根に上がる者としては、滑らなくてよいのですが表面がザラザラしていると、コケの胞子が付きやすく瓦屋根が傷みやすなりますので早めの手入れが必要です。
赤磐市 屋根瓦点検 瓦のズレ 雨水の入った跡
瓦をめくってみましたが、下葺き材の防水紙ルーフィングが劣化で白くなっています。
赤磐市 屋根瓦点検 瓦のズレ 雨水の入った跡
反対側の瓦をめくってみましたが、瓦の真ん中あたりが白くなっているので毛細管現象で、雨水が入っている感じです。
赤磐市 屋根瓦点検 瓦のズレ 瓦の割れ
寒割れも進んできています。瓦の裏面が取れて熨斗と熨斗の間から出てきています。
赤磐市 屋根瓦点検 瓦のズレ 瓦の割れ
S型の瓦も寒割れが始まっています。
赤磐市 屋根瓦点検 瓦のズレ 三日月漆喰欠落
三日月漆喰ですが赤土が見えている所が何カ所もありました。
赤磐市 屋根瓦点検 瓦のズレ 天窓のコーキングの劣
天窓がありましたが、雨水が入らないようにコーキング処理をしていましたがそのコーキングの劣化も気になります。
このように屋根に上がり瓦屋根の状態、下地板、下葺き材の防水紙ルーフィングの状況
漆喰欠落、瓦の浮きズレなど細かく点検し、それをわかりやすく図面と写真で
説明いたします。

説明を聞いていただいた後、自分の大切なお家、屋根をどうするか考えて頂ければよろしいかと思っています。

屋根を点検してもらったからといって、絶対やらないといけないという事は
ございませのでご安心ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。



天井に雨漏りのシミがあれば
ぜひ無料診断をお勧めします

わからないことがあればお気軽にどうぞ

街の屋根やさん岡山店 0120-849-349まで
             (やってよくなるみごとによくなる)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

玉野市で屋根補修工事。棟瓦ズレ防止コーキング止め

玉野市で行った屋根補修工事の模様をお伝えします。瓦をコーキングで留める工事を、瓦葺き替え工事と比較される方がいらっしゃいますが、当然瓦を葺き替えして、耐震工法をすれば良くなるのは当然です。しかしながら、あと5年10年持てば良いと言われる方に...........

岡山市北区 屋根修理

岡山市北区で行った高所作業車(スカイマスター)で煙突の雨漏り修理の模様をお伝えします。建物は2階建ての切妻の陶器瓦(釉薬瓦)で急こう配のお宅でした。煙突部分から雨漏りするという事で、点検の時には煙突部分の上部は見えませんでしたが、煙突部分の...........

DSC06791_R

新見市で行った三州平板瓦施工の様子をお伝えします。陶器瓦(粘土瓦)は焼き物ですから一番長持ちする屋根材です。色の劣化はありませんし、デザインも豊富です。遮音性にも優れ、断熱効果もあり結露もしにくい屋根材です。粘土瓦は日本の気候風土に最も適し...........