岡山市南区で雨漏り修理/板金の屋根が劣化で台風で捲れました。


岡山市南区のお客様より雨漏り修理の依頼がありました。

雨漏りしている所を見せていただきました。
天井材のシミを見る限りかなり雨漏りしている感じです。

前回は点検の模様をお伝えしました。
(その模様はこちら

今回は鈑金屋根の撤去、下地のやり替えの模様をお伝えします。
岡山市南 雨漏り修理 板金の屋根
まず初めに雨漏りの状況を確認しましたが、天井材のジプトーンの色が黒ずみ、一部穴が開いている状態でした。
岡山市南 雨漏り修理 板金の屋根
50年近く手入れはしてないと言われていました。

赤錆が酷いです。
岡山市南 雨漏り修理 板金の屋根
トタンを捲ってみると下葺き防水紙のルーフィングがボロボロでした。

下地板にも雨水がまわり板が白くなっています。
岡山市南 雨漏り修理 板金の屋根
板の上にある黒いものが、下葺き材の防水紙ルーフィングです。

板の横の板金も今にも穴が開きそうです。



岡山市南 雨漏り修理 板金の屋根
下地の勾配を片流れに替え、垂木で勾配修正をしました。

この上に12ミリのコンパネを取り付けます。
岡山市南 雨漏り修理 板金の屋根
母屋との境目に大谷を設け、雨水の流れを良くしました。

下地がコンパネを使いましたので、下葺き材の防水紙ルーフィングを張るとき、破れる心配がないにでアスファルトルーフィングを使いました。

いつも使っている下葺き材の東和ルーフは凹凸があるので板金の下葺き材には向いていないのです。

板金の屋根材は厚みが薄いので、凹凸部分が浮き上がってしまうからです。

今回は大工工事の模様をお伝えいたした。
次回は板金工事の模様をお伝えいたします。



天井に雨漏りのシミがあれば
ぜひ無料診断をお勧めします

わからないことがあればお気軽にどうぞ

街の屋根やさん岡山店 0120-849-349まで
             (やってよくなるみごとによくなる)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

玉野市で屋根補修工事。棟瓦ズレ防止コーキング止め

玉野市で行った屋根補修工事の模様をお伝えします。瓦をコーキングで留める工事を、瓦葺き替え工事と比較される方がいらっしゃいますが、当然瓦を葺き替えして、耐震工法をすれば良くなるのは当然です。しかしながら、あと5年10年持てば良いと言われる方に...........

岡山市北区 屋根修理

岡山市北区で行った高所作業車(スカイマスター)で煙突の雨漏り修理の模様をお伝えします。建物は2階建ての切妻の陶器瓦(釉薬瓦)で急こう配のお宅でした。煙突部分から雨漏りするという事で、点検の時には煙突部分の上部は見えませんでしたが、煙突部分の...........

DSC06791_R

新見市で行った三州平板瓦施工の様子をお伝えします。陶器瓦(粘土瓦)は焼き物ですから一番長持ちする屋根材です。色の劣化はありませんし、デザインも豊富です。遮音性にも優れ、断熱効果もあり結露もしにくい屋根材です。粘土瓦は日本の気候風土に最も適し...........