岡山市南区で台所の天井に雨漏りのシミが出来、雨漏りの調査依頼

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

岡山市南区で台所の天井に雨漏りのシミが出来たので屋根に上がり調べてほしいと、
以前屋根の修理をさせていただいたお客様からお電話頂きました。

雨漏りの原因を探るため、屋根に上がり点検した模様をお伝えします
岡山市南区 雨漏り修理 天井に雨漏りのシミが
まず初めに雨漏り場所を見せて頂きます。

今回の雨漏りの場所は前回工事したすぐ横でした。

岡山市南区 雨漏り修理 前回の工事
色の違う瓦が見えますがそのあたりを前回雨漏り修理した場所です。

今回の雨漏りは少し手前でした。
岡山市南区 雨漏り修理 瓦のズレ
瓦をよく見るとズレているのがわかります。
岡山市南区 雨漏り修理 瓦のズレ
写真を大きくして見るとよく分ります。
岡山市南区 雨漏り修理 防水紙劣化
ズレていたところの瓦をめくってみました。

雨水が入っています。

下地板の野地板が濡れているのがわかります。

防水紙も水を吸いボロボロです。
岡山市南区 雨漏り修理 防水紙劣化
もう1列横の瓦をめくってみると、前回工事した防水紙が見えてきました。
岡山市南区 雨漏り修理 防水紙劣化
写真を大きくしてみると前回の防水紙が写っているのがよくわかります。
岡山市南区 雨漏り修理 瓦のズレ
雨漏りの原因は瓦のずれもありますが、瓦と瓦の間に土ぼこりが溜まり毛細管現象を起こし、防水紙を劣化させ、防水紙が破れたところから雨漏りを起こります。
このように30年過ぎた瓦の間には土ぼこりがたまり、毛細管現象を起こします。
防水紙(ルーフィング)が破れていれば貼り替えするしかありません。

今回も前回と同じく、借家という事もあり補修工事のの提案をする予定です。



天井に雨漏りのシミがあれば
ぜひ無料診断をお勧めします

わからないことがあればお気軽にどうぞ

街の屋根やさん岡山店 0120-849-349まで
             (やってよくなるみごとによくなる)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岡山市東区 折半の屋根から雨漏り

岡山市東区のお客様より雨漏りするので調べて欲しいとご相談がありました。お話をお伺いすると雨漏りは以前からしているそうです。何回も雨漏り修理をしたが止まらないそうです。建物は平屋でソフトバンクの携帯ショップをされているお店でした。雨漏りしてい...........

岡山市南区 鼠色の陶器瓦

岡山市南区のお客様より築48年が経過し屋根の葺き替えを検討していると、相談の問い合わせをいただき調査にお伺いしました。年数が経っているのでそろそろ瓦を変える時期なのかなという事で、お問い合わせをいただきました。雨漏りはしていないとの事でした...........

津山市で雨漏り修理。下葺き材の防水紙ルーフィング張り替え工事

津山市のお客様より雨漏りするので止めてほしいと相談がありお伺いしました。お話をお伺いすると雨漏りはかなり以前からしていたそうです。屋根に上がり瓦の状態を見させていただくと、瓦は和型のセメント瓦で、セメントがわらに必要な塗装は完全に劣化して役...........