岡山市南区で屋根瓦補修工事/築40年過ぎのハイシルバーの淡路瓦


岡山市南でハイシルバーの淡路瓦のお宅の点検の模様をご紹介いたします。

屋根瓦を長持ちさす為には早めの手入れが必要です。

瓦屋根のどの部分が傷みやすいのか、
ういった手入れをすれば良いのか説明いたします。

建物は2階建ての切妻のハイシルバーの淡路瓦でした。
築40年は過ぎている感じです。
手入れはほとんどされていない感じです。
岡山市南区 屋根補修工事 屋根点検
早速屋根に上がり点検します。
点検するのは屋根診断士の資格を持った私佐藤が点検いたします。
岡山市南区 屋根補修工事 屋根点検
遠目に見るとまだまだ大丈夫に見えますが、かなり劣化が進んでいます。
岡山市南区 屋根補修工事 屋根点検
まず初めに瓦をめくります。

下葺き材の状態を確認するのですが、下葺き材の防水紙ルーフィングが、破れています。

下葺き材の防水紙ルーフィングが白くなっていますが、劣化が進んでいる証拠です。
かなり危険信号です。
岡山市南区 屋根補修工事 屋根点検
ここはかなり水が入っています。鳥が巣を作った跡もあります。

このくらい傷んでいると防水紙の貼り替えをおすすめいたします。
岡山市南区 屋根補修工事 屋根点検
次に瓦自体の状況ですが、寒割れが進んでいます。
寒割れとは、瓦が水を吸い、その状態で凍ります。

瓦の中の水は膨張し瓦が割れることを、寒割れといいます。
淡路瓦、岡山産のいぶし瓦によく見られる現象です。
岡山市南区 屋根補修工事 屋根点検
こちらの平瓦も割れています。

今年は寒い日が続くので寒割れの被害が大きいかもしれません。
岡山市南区 屋根補修工事 屋根点検
瓦がパックリと割れています。
岡山市南区 屋根補修工事 屋根点検
ヒビが入っている瓦がたくさんありました。
そいう言った瓦は差し替えです。
岡山市南区 屋根補修工事 屋根点検
台風の影響か軒樋がありません。新しい樋を付けないと、下屋根が漏ります。
岡山市南区 屋根補修工事 屋根点検
竪樋も割れています。
これは補修で行けそうです。
岡山市南区 屋根補修工事 屋根点検
漆喰が劣化しています。
岡山市南区 屋根補修工事 屋根点検
三日月漆喰も劣化しているので塗り直しです。
瓦は焼き物ですから、ひねりが多く歩くとガタガタ音がします。
全体的に傷んでいたので一番おお勧めは葺き替えです。

最低でも瓦差し替え、漆喰補修、樋補修はそる必要があります。



天井に雨漏りのシミがあれば
ぜひ無料診断をお勧めします

わからないことがあればお気軽にどうぞ

街の屋根やさん岡山店 0120-849-349まで
             (やってよくなるみごとによくなる)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

玉野市で屋根補修工事。棟瓦ズレ防止コーキング止め

玉野市で行った屋根補修工事の模様をお伝えします。瓦をコーキングで留める工事を、瓦葺き替え工事と比較される方がいらっしゃいますが、当然瓦を葺き替えして、耐震工法をすれば良くなるのは当然です。しかしながら、あと5年10年持てば良いと言われる方に...........

岡山市北区 屋根修理

岡山市北区で行った高所作業車(スカイマスター)で煙突の雨漏り修理の模様をお伝えします。建物は2階建ての切妻の陶器瓦(釉薬瓦)で急こう配のお宅でした。煙突部分から雨漏りするという事で、点検の時には煙突部分の上部は見えませんでしたが、煙突部分の...........

DSC06791_R

新見市で行った三州平板瓦施工の様子をお伝えします。陶器瓦(粘土瓦)は焼き物ですから一番長持ちする屋根材です。色の劣化はありませんし、デザインも豊富です。遮音性にも優れ、断熱効果もあり結露もしにくい屋根材です。粘土瓦は日本の気候風土に最も適し...........