玉野市で経年劣化で雨漏りしてきたセキスイかわらUの補修工事


全国35万棟の葺き替え実績のあるセキスイかわらUはアスベストの問題で1991年から
ノンアスベスト(完全無石綿)に代わりましたが、2009年に廃番商品になり2013年に撤退しました。 

関連会社がメンテナンスしていましたが、平成25年9月に販売終了した商品です。

1975年に販売開始され軽い屋根材ということで、重ね葺き工事や葺き替え工事に使われました。
化粧スレートのカラーベスト、コロニアルやトタン屋根にはカバー工法で
日本瓦や、セメント瓦の場合は古い瓦を降ろして葺き替えが行われました。

アスベストは1975年から1990年までアスベスト入りで販売しています。
(実際の移行時期は地域や問屋さん在庫の関係で前後します。)

1990年以降の材料はアスベストは入ってないのですが、耐久性が失われ
表面塗膜と屋根基材との結びつきが弱くなるという弊害が起きてます。

表面の塗膜が取れると、人が上がっただけでひびが入ったり、割れてしまうこともあります。

かわらU、また他社メーカーの似たような材料、カラーベスト、コロニアルなど
化粧スレートの屋根材を伸されている方は、アスベストの問題、耐久性の問題などもありますので
屋根の点検をお勧めします。

今回の屋根材は、築40年ですのでアスベスト入りですので、取り扱いに注意が必要です。
雨漏り修理の模様をお伝えします。

玉野市でセキスイかわらUの補修工事
この壁際から雨漏りしています。雨押え板金小さく壁の中に雨水が入っていきやすい構造になっています。
玉野市でかわらUの取り外し
このかわらUをはがし雨漏りの原因を調べ雨漏りを止めます。

玉野市でセキスイかわらUの補修工事
割るとこの材料はないので、丁寧に外していきます。
玉野市でかわらUの下地
前の屋根材は金属屋根みたいです。まえの屋根材の上に垂木で下地をしてかわらUを施工したみたいです。
玉野市でかわらUの下地コンパネ貼り付け
今回は雨漏りを防ぐためコンパネを貼り付け雨漏りしにくい構造にします。
玉野市でかわらUの下地ルーフィング
前回は防水紙を張っていなかったのですが今回はルーフィングを張り付けていきます。
玉野市でかわらUの取り外し
この部分の下で雨漏りがしています。
20年前に増築した部分も絡み複雑な構造になっていました。
玉野市でかわらUの補修工事
その部分を重点的に点検します。
玉野市でかわらUの補修工事
隣との間には足場をして施工します。
玉野市でかわらUの補修工事
雨押え板金を一回り大きくして壁際に雨水が入らないようにすると、雨漏りは止まりました。
水を流す検査も行いましたけど大丈夫でした。
今回は、かわらUの雨漏り修理の模様をお伝えしました。  

今回は屋根材がまだしっかりしていたので修理が出来ましたが
修理できないほど傷みが進んでいることが多いので気を付けたいものです。

天井にシミ、雨漏り跡のある方は、ぜひ屋根の無料点検・無料診断をお勧めします。

早めの手入れが、大切なお家を守る秘訣です。

親切、丁寧に、点検や相談を無料で行っていますので、わからないことや疑問などがあればお気軽にどうぞ。

街の屋根やさん岡山店にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岡山市南区で板金屋根工事下地コンパネ

岡山市南区 のお客様より雨漏りするので相談に乗っていただけますかと問い合わせがありました。雨漏りはすこし前からしていたそうで、早めに修理をしてほしいとのことでした。お話しをお伺いすると、知り合いの方が増築したそうですが、増築部と既存の建物の...........

岡山市南区で波板から雨漏り

岡山市南区のお客様より屋根から雨漏りして、雨水がポタポタ落ちるので何が原因で雨漏りするのか調べてほしいと問い合わせがありました。お話をお伺いすると、知り合いの方がご自分で増築されたそうです。増築した部分と既存の建物の間あたりから雨水が落ちる...........

玉野市 屋根瓦が落ちそうです

玉野市のお客様より、雨漏りしているので確認して見積もりをしてほしいと、問い合わせがありました。お話をお伺いすると雨漏りは、以前からしていて屋根がわらの下の板が腐り、端の瓦(袖瓦)が今にも落ちそうになっているとのことでした。今の屋根材は、セメ...........