早島町で瓦屋根の雨漏り修理|雨漏りの原因は防水紙の施工不良。


早島町で屋根瓦の谷から雨漏りするのでガルバリウム鋼板の谷に入れ換えてほしいという
屋根工事の依頼があり、谷板金を入れ替える雨漏り修理を行いました。

谷板金を入れ換え、下葺き材の防水シート(ルーフィング)を張り替える工事の模様をお伝えします。

建物は寄棟の2階建てで山が二つのあるセメント瓦のお宅でした。
早島町で雨漏り修理 谷板金入れ換え
パッと見陶器瓦にも見えますがオレンジ色に塗装したセメント瓦です。

谷板金も瓦と同じ色になっています。

早島町で雨漏り修理 谷板金入れ換え
まず初めに棟瓦をばらします。30年前の屋根ですから棟に土を使っています。

今は土を使わず南蛮漆喰のシルガードを使います。

南蛮漆喰のシルガードはシリコンが入っているので、防水性、耐久性に優れ、地震にもとても強く、耐震工法になります。

南蛮漆喰の中にはシリコンの入っていない安いタイプのものもあります。

私どもはお客様に、よりいいものを提供したいと思っていますので、材料にこだわっています。
早島町で雨漏り修理 谷板金入れ換え
次に平瓦をめくっていきます。

白くなっている防水シートの一部が黒くなって
いますが雨漏りの跡です。
早島町で雨漏り修理 谷板金入れ換え
写真を大きくしてみるとよくわかります。
早島町で雨漏り修理 谷板金入れ換え
ここで大きな問題点があります。

谷板金と防水シートの間に下地板の野地板が見えています。

雨漏りが一番しやすい瓦板金の下に防水シートがありません。

雨漏りのしている家の共通点ですルーフィングの張り方が悪いです。

これは、瓦職人と板金職人との打ち合わせが悪いです。

防水紙は瓦職人が張ります。谷は板金やさんです。

瓦やさんが来る前に板金屋さんが仕事をしているからです。

順番が逆ですね。雨漏りしているお宅によく見られます。

早島町で雨漏り修理 谷板金入れ換え
防水シート(ルーフィング)を新しく張ります。谷板金より大きめに張ります。

谷板金と瓦の間から雨水はよく入るからです。

防水シート(ルーフィング)にもこだわっていて、破れない材料を使っています。

普通のゴムアスルーフィングは、手ですぐ破れます。

屋根リフォームの場合、屋根板が傷んでいることが多いので、ゴムアスルーフィングを留めていくときよく破れます。

それでは防水シートの役目はしません。

ですから材料にこだわり、破れない防水紙を使います。

この材料を使いだして、工事中、工事後の雨漏りはほとんどありません。

この東和合成の東和ルーフが、雨漏りを防いでくれています。



早島町で雨漏り修理 谷板金入れ換え
この防水シートのいい点がもう一つあります。

縦に線が入っています。

この線は表面に凸凹あり、瓦を留める桟木を打っても、桟木のところに雨水がたまらず屋根の外に雨水を流してくれる優れものです。

防水シートと桟木の間に隙間ができるのです。

値段が高いからと言って、こんないいものを取り入れないのは不思議です。

早島町で雨漏り修理 谷板金入れ換え
谷板金入れ換え工事完成です。

これで谷から雨漏りすることはありません。

セメント瓦ですので瓦の劣化と、どの瓦も30年以上経った瓦は瓦と瓦の間に土ぼこりが溜まり、

毛細管現象を起こし、雨漏りを引き起こしますので
早めのお手入れをお勧め致します。
天井に雨漏りのシミがあれば
ぜひ無料診断をお勧めします

わからないことがあればお気軽にどうぞ

街の屋根やさん岡山店 0120-849-349まで
             (やってよくなるみごとによくなる)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岡山市東区 トタンの大谷やりかえ工事

岡山市東区の以前ご縁を頂いたお客様より、違う場所の雨漏り修理の依頼がありました。(以前の点検の模様はこちら)      ↓(岡山市東区で雨漏り修理の依頼があり無料調査にお伺いいたしました)(以前の工事の模様はこちら)      ↓(岡山市東...........

岡山市南区 屋根補修工事 漆喰入れ替え工事

岡山市南区のお客様より瓦屋根の補修工事の衣里を頂きました。屋根に上がり瓦の状態を調べました。(点検の模様はこちら)点検の結果屋根の補修工事をさせていただく事になりました。今回は屋根瓦補修工事の模様をお伝えいたします。お住まいを長持ちさせる秘...........

岡山市北区 雨漏り修理 瓦修理

岡山市北区のお客様より台風の影響で雨漏りするので調べてほしいと問い合わせがと問い合わせがありました。点検してみると、玄関の上は割れ瓦でもう一つは壁の剥がれでした。(点検の模様はこちら)雨漏りを防ぐために、壁の剥がれの補修と割れ瓦の差し替え、...........